HOME >  緊張型EDかなと思ったら >  緊張型EDとは?

緊張型EDとは?

若い世代に多い緊張型ED

20代30代などの若い世代のEDが増えていることが近年頻繁にニュースに取り上げられるなどして、社会的にも問題視され始めています。若い世代のED……、「若年性ED」と呼ばれるそうですが、若年性EDになる患者さんの多くは、心理的・精神的なことがEDの原因のようです。例えば、仕事上のストレスや過労、対人関係での悩みが原因だったり、うつ病や抑うつ状態、統合失調症が原因だったり、精神安定剤や抗うつ剤を服用していることによる副作用や、アルコール依存が原因だったり……。

中でも私の夫もなった「緊張型ED」はとくに若い世代に多く、女性経験が少ない男性や子作りでプレッシャーをかけられている男性など、「セックス時のプレッシャーや緊張」が理由で勃起が満足に出来ない心因性のED症状です。

緊張型EDの主な原因

緊張型EDの原因は、そのままずばりセックス時の「緊張状態」。例えば、出会ってから初めてセックスする女性との場合にも起こりやすいです。相手をちゃんと満足させることができるだろうか、失敗しないだろうか、と悶々と考えて緊張してしまい上手く行かないパターンや、そうして1度失敗したから次もまた失敗するんじゃないだろうか、と考えてしまって2度目3度目も失敗してしまうというパターンもあります。こうした緊張型EDは、真面目な性格の方や女性経験の少ない方にとくに多いと言われています。

ほかにも、会社の業績が悪かったり、ノルマ達成のプレッシャーで精神的に追い詰められている状態のときや、パートナーや親族から子作りのプレッシャーをかけられているときなど、その緊張状態が原因でEDが発症してしまうケースも多く報告されています。

>>緊張型ED治療おすすめクリニック一覧はこちら<<

緊張型EDの改善方法

緊張型EDの原因は精神的なストレスやプレッシャー、過去のトラウマなど、色々な原因がありますが、どれも簡単に解決することは難しく、パートナーの理解と協力が必要です。私自身、最初はとまどいましたが、深く悩んでいる夫を見て、「焦らなくていいよ」といいました。とはいえ、うまくいかないばかりだと夫も傷つきますし次のセックスも苦痛になってしまいますので、成功体験が必要だとも思いました。そこで、ED治療専門のクリニックに相談に行き、ED治療薬を処方してもらうことで、夫のEDは簡単に解決できたのです。

ですが万能に感じるED治療薬も、男性がちゃんとムラムラする気分になったり快感を感じることがないと充分な効果が発揮されません。だからこそ、愛情のある愛撫を工夫したり、緊張をほぐしてリラックスできるようなムードをつくるなど、二人三脚でEDを乗り越える気持ちが必要だと思います。