HOME >  緊張型EDかなと思ったら >  クリニックで処方される治療薬

クリニックで処方される治療薬

ここでは、バイアグラやレビトラ、シアリスなどの代表的な治療薬の一般的な効果や副作用について掲載しています。
(※詳しい効能(緊張性EDなどに対する)や副作用に関しては、「浜松町第一クリニックのホームページ」に記載されています。)

バイアグラ

バイアグラは、1999年1月に承認されたED治療薬。有効成分は、クエン酸シルデナフィル。世界で最も有名なED治療薬と言って良いでしょう。もともとは血圧の薬として研究されていましたが、副作用として「異常勃起」が見つかり、ED治療薬として再デビューしました。バイアグラは、服用してから30分~1時間で効果が出現。有効成分が血管を拡張させ、海綿体に流れる血液量を増やし、勃起を持続させます。勃起力の強化、持続時間の延長、ペニスの硬度を高めるなどの効果があります。その効果は、最大で4時間続くそうです。催淫作用はないので、性的刺激を受けないと勃起はしません。

服用方法は、性行為の1時間前の空腹時に1錠飲むだけ
ただし、満腹のときや、脂っこい食事をした後に服用すると、効果が現れにくいことがあります。また、飲み合わせが禁止されている薬が少ないため、他に薬を飲んでいる人でも使用できるケースが多いのが特徴です。

バイアグラの副作用で一番多く報告されているのは、「顔のほてり」「血圧低下によるめまい」「頭痛」などです。
ただ、副作用が出る割合は100人中5~10人程度。症状も比較的軽いものであるため、あまり心配する必要はないとのこと。
実際、副作用によりバイアグラの服用を中止する人は少ないそうです。他には、胃の痛み、鼻水・鼻づまりなどの副作用も報告されています。

飲み合わせが禁止されている薬としては、硝酸剤ニトログリセンなどが挙げられます。心臓の薬を飲んでいる人は、必ず専門医に相談してから服用するようにしてください。

>>緊張型ED治療おすすめクリニック一覧はこちら<<

レビトラ

レビトラは、バイアグラが体質に合わない患者に期待された、国内2番目のED治療薬。ドイツの、バイエルヘルスケア社で開発されました。有効成分は、塩酸バルデナフィル水和物。バイアグラと同じく、勃起を抑制する酵素をブロックし、勃起を持続させる効果を持ちます。飲むだけで興奮したり、性的な気分を催したりするものではありません。バイアグラとの違いは、その即効性。服用してから15~30分ほどで効果が出始めます。また、その効果は最大5時間ほど持続するそうです。

レビトラは空腹時に飲む必要がなく、食事をした後30分くらい経てば服用OK。ただ、脂っこい食事をした後は効果が出にくくなるため、1時間ほど時間を空けてください。レビトラは心因性EDだけでなく、前立腺がんや脊髄損傷によるED、うつ病によるEDにも効果があると報告されています。また、「バイアグラとは少し違った、特有の使用感がある」と感想を持つ男性も多く、ファンが多いのも特徴です。

レビトラの副作用で最も多いのは頭痛、めまい、胃痛、鼻づまりなどが挙げられます。とくに気をつけたいのが、併用してはいけない薬剤。レビトラは併用禁忌薬が多いため、服用には細心の注意が必要なのです。
以下は、禁忌事項の一覧です。

  • 低血圧、高血圧の方
  • 心筋梗塞、心不全を患ったことのある方
  • ニトログリセリン系の心臓病治療薬を飲んでいる方
  • レビトラの主成分バルデナフィルにアレルギーがある方

さらに、服用時の注意。グレープフルーツやグレープフルーツジュースを食べた後にレビトラを服用すると、血中濃度が上がりすぎて危険です。絶対に服用しないようにしてください。

シアリス

シアリスは、2007年に日本で医師の処方薬として承認された、3番目のED治療薬。イーライリリー社とアイコス社によって共同開発された薬剤です。シアリスの特徴は、即効性と効果の持続時間。まず、服用してから15~30分で効果が出現。その後、なんと最大36時間効能が持続するんです。1日以上効果が持続するため、ヨーロッパでは「ウィークエンドピル(週末に飲む薬)」として人気があるそうです。

また、シアリスはバイアグラやレビトラと違い、食後に飲んでも効果が弱まるということはありません。空腹時でも服用してOK。ただし、グレープフルーツジュースは効果や副作用を増強させる可能性があるため、控えるのが賢明です。また、催淫効果はないため、性的刺激がなければ勃起しないので安心。効果の持続時間がとても長いので、「効果が切れる前に」などというプレッシャーから解放され、より自然な性生活を取り戻すことができます。

シアリスは、他のED治療薬と比べて副作用が少ないとされる薬です。しかし、副作用がまったくないワケではありません。主なものとして挙げられるのは、偏頭痛、顔のほてり、消化不良、筋肉痛など。ただ、どれも軽微なものであることがほとんどなので、あまり心配する必要なないでしょう。また、ごく稀にではありますが、結膜が充血したり、光をまぶしく感じることがあるようです。従って、網膜色素変性症の方は、シアリスの服用は絶対禁忌となります。

こちらも滅多にある副作用ではないですが、シアリスを服用したことによる勃起で痛みを伴う場合は要注意。4時間以上勃起が続くようなら、すぐに病院で診てもらうようにしてください