HOME >  偽造ED治療薬に要注意 >  個人輸入代行業者って何?

個人輸入代行業者って何?

ここでは、インターネットの個人輸入代行業者の存在や輸入されたED治療薬の危険性を説明していきます。

個人輸入とは?

個人輸入とは、外国製品を個人的に消費・使用することを目的とし、自ら、あるいは代行業者を介して、海外メーカーや販売店から商品を購入することです。
薬品やサプリメント、化粧品、海外限定の洋服などの購入に使われることが多いようです。

医薬品や医薬部外品、化粧品を業務輸入する場合は厚生労働大臣の許可が必要になりますが、個人で使用する場合はこういった法令規制が免除されます
ただし、数量制限はアリ
また、輸入した商品を第三者に譲渡、販売、サンプルとして配布することは法律で禁じられています。
あくまでも、個人で輸入した商品は、個人での使用のみが認められていることに注意して下さい。

個人輸入代行とは?

個人輸入といっても、そう簡単に商品を輸入することはできません。言語の問題がありますし、支払い方法や手続きなど、いろいろと面倒な作業がつきまといます。
そこで、個人と輸入先の仲介役となってくれるのが、「個人輸入代行業者」。消費者に代わって、海外メーカーや販売店と連絡を取り、注文・配送・支払い・通関などの手続きを進めてくれるのです。
今はインターネットが広く普及しているため、ネットを活用した個人輸入代行業者が増加。バイアグラなどの輸入を扱っている業者も多く見られます。

代行業者を利用する際、注意したいのは、「輸入するのは業者ではなく消費者本人」だということ。
輸入に関する責任は、すべて消費者に転嫁されるので気をつけましょう。
また、日本国内で販売されている医薬品や化粧品は、薬事法によって安全が確認されていますが、個人輸入したものについてはその保証がありません。
服用・使用によってトラブルが起こったとしても、それはすべて自己責任となります。また、商品は日本の法律でのクーリングオフは使えませんので、慎重に行いましょう。

個人輸入されるED治療薬の危険性

ED治療薬であるバイアグラやレビトラは、個人輸入で安く手軽に入手できる場合があります。
しかし、そのような消費者をターゲットにした悪質な品物や、代行業者も存在するのです。
最近問題になっている偽造バイアグラは世界中で製造されており、インターネットを通じて非常に多く出回っています。
偽造バイアグラは品質もバラバラで、有効成分の含有量も多かったり少なかったりと不安定。不純物が混じっていることもあり、それによって健康被害を訴えるケースもあります。

製薬会社の調査によると、インターネット流通の実に55%が偽造品だったそうです。
EDだということを隠して、内緒で薬を使いたい、病院に行くのは恥ずかしい…そういった心理も分かりますが、偽造品を使って健康を害してしまっては元も子もありません。
個人輸入は自己責任です。危険だと分かって手を出すより、最初から専門クリニックで正規品を手に入れることをオススメします。