HOME >  偽造ED治療薬に要注意 >  正規品・偽造品の見分け方

正規品・偽造品の見分け方

ここでは、ED治療薬の偽造品を見分ける方法と、注意したい個人輸入代行業者の特徴を解説しています。

どんどん精巧になる偽造品

近年、バイアグラ、レビトラ、シアリスなどED治療薬の偽造品が、インターネットなどを通じて多く流通しています。
なんと、日本のインターネット上で営業している個人輸入代行業者の8割が偽造品を販売しているとも言われているそうです。偽造品の多くは中国インドなどで大量に生産されています。

さらに厄介なのは、最近の偽造品は本物と見分けがつかないくらい精巧に作られているということ。一目で分かるほど劣悪なものもありますが、色も形もそっくりで、一般人には見分けがつかないものも多々あります。
何度か薬を使ったことのある人でさえ、偽造品と正規品を見分けるのは難しいそうですよ。

偽造バイアグラの見分け方

ここでは代表的なED治療薬であるバイアグラの真偽の見分け方について紹介します。

まずは、ボトルの蓋です。正規品は蓋の裏側が白ですが、偽造品は黄色く変色していることが多いそう。ただ、正規品にも黄色みを帯びたものはあるそうなので、これだけで判断はできません。次に、ボトルの口についている銀色のシーリングをチェック。偽造品はこのシーリングが非常に薄く、ペラペラだそうです。

次に錠剤です。偽造品はもろくできているため、指で簡単に割れることが多いです。製品は非常に硬く、指で割るのは困難。また、コップに水を入れて錠剤を溶かすと、正規品はブルーの部分がはがれていきます。正規品は外がブルー、中身は白なんです。中もブルーだったという場合は、完全に偽造品です。しかし、最近の偽造品は、中身が白いものもあるみたいで…本当に厄介ですね。

このように、バイアグラを見分ける方法は存在していますが、これだけで偽造品を見分けるのは本当に大変です。
軽い気持ちで偽造品を使用し、健康を害してしまっても誰も保証はしてくれないのです。すべては「自己責任」ですから。そういったリスクを回避するためにも、専門医の診察を受けてから正規品を処方してもらうことをオススメします。
(※ちなみに、正規品と偽造品の見分け方を画像付きで解説してサイトはこちら≫

こんな個人輸入代行に注意!

最後に、危険性の高い個人輸入業者の見分け方をご紹介します。

  • 代行業者の所在地が明記されていない。
  • 申し込みに私書箱を使用している。
  • 問い合わせがすべてメール、電話番号がない。もしくは携帯番号のみ。
  • 商品の価格が異常に安い。
  • 「ジェネリック」と記載して、安い値段で販売している。
  • 発送元が、アジアやインド、中国などである。

医薬品は体に入るものですから、安さや手軽さだけで判断し、購入してしまうのは考えものですね。