HOME >  偽造ED治療薬に要注意 >  代表的な健康被害

代表的な健康被害

ここでは、正規品との副作用の比較や偽造品の健康被害事例を掲載しています。ぜひお読み下さい。

偽造ED治療薬による副作用

ED治療薬だけでなく、一般的にはどの薬も多少の副作用は確認されています。ただ、副作用よりも効能のメリットが勝れば、医師の治療上の判断で処方されるケースもあります。バイアグラなどのED治療薬についても同じことが言えます。医師の判断できちんと処方されたものであれば、過剰に副作用を気にすることなく服用して良いと言えるでしょう。さて、正規品には、代表的な副作用には以下のものがあります。

  • 頭痛、めまい、顔のほてり
  • 動悸、胸の痛み
  • 消化不良、吐き気、口が渇く

このような副作用が出るのは、ED治療薬が血管を拡張させる働きを持つからです。副作用が出ても多くは軽微なものなので、あまり深刻になる必要はありません。
ただ、薬が体質に合わないなど相性はありますので、バイアグラが合わないならレビトラ、シアリスなども試してみると良いかも。やはり、副作用を感じない方がストレスもたまりませんし、体も楽ですしね。

次に、偽造ED治療薬に関してですが、正規品よりも副作用の度合いが強いという報告が世界各国で発表されています。
軽度なものとしては、頭痛、めまい、吐き気。1番多いのは、効果が実感できないというケースです。
重度なものとして、昏睡死に至るというケースも報告されました。

やはり、偽造品は、不純物や製造環境が不衛生なため、上記のような健康被害が報告されているんだと思います。

ED治療薬を服用する際の注意点

さて、上記のような副作用を避けるためにも正しい知識が必要になってきます。そこで、服用に関して説明していきます。

ED治療薬を服用する際、併用してはいけない薬がいくつかあります。
とくに注意したいのは、心臓病の治療に使用される薬。硝酸薬と呼ばれるものであり、代表的なものにニトログリセリンがあります。
この硝酸薬とED治療薬を併用すると、血圧が急激に下がって大変危険な状態になる可能性があります。高血圧などで、降圧剤の中にも、ED治療薬と併用できないものがあるので注意が必要です。

意外なところでは、抗ウイルス薬や内服タイプの水虫薬も、成分の血中濃度が上昇してしまい危険。ひん尿などの排尿障害の治療薬の中にも、一緒に飲むと危険なものがあります。
このような薬を常用している場合は、きちんと医師にその旨を報告しておいてください。

また、ED治療薬を服用して性行為をした後、性的興奮がないのに勃起がおさまらない、痛みがあるなどという場合は、すぐに泌尿器科で診察してもらってください。
勃起が4時間以上長引いてしまうと、最悪勃起機能が永久的に損なわれてしまうこともあります

ED治療薬を飲むタイミングとは?

バイアグラやレビトラは、性行為の1時間前に服用することが大切。ただし、食事をしてすぐに服用すると薬の吸収が悪くなり、十分な効果が得られないこともあるため要注意です。食事のメニューも効果に影響します。焼き肉など脂っこい食事の後は、できるだけ時間を置いてから服用することが大切。少なくとも、食事をしてから2時間くらい経ってからの服用がベストです。

シアリスについては、食事の影響を受けないため、いつでも服用OKとなります。

また、薬の効果を十分に引き出すには、睡眠を十分にとっておく、精神的にリラックスするなどの方法もあります。
パートナーも過度な期待を寄せず、「今回ダメでも、次があるよ。」くらいの大らかさで見守ってくださいね。